忘れられない忘年会に欠かせない素敵な景品とは

会社忘年会景品を現金にすると給与扱いになる?ビンゴの景品専門店での売れ筋は?

思い切り忘年会を楽しむ!
忘年会景品の経費処理や税務処理を行う際、給与扱いになるのか
頭を悩ませる担当者は少なくありません。

確かに難しい問題ではあるのですが、忘年会景品を現金で渡す場合は
それほど悩む必要はありません

給与扱いとなって、課税対象になるので覚えておきましょう。
現金でなければ大丈夫であるというわけではありません。

たとえば商品券のような現金に準ずる立場の景品も給与課税の対象になる
からです。

要するに換金してすぐに現金に交換できたり、現金と同じ感覚で使用できたりするものは課税の対象になるということです。

商品券

課税対象にしたくない場合は、あくまでも忘年会景品として
現物を支給することが重要です。innissounds.com/

現物といっても自動車のような高価なものは課税対象になるので注意してください。
あくまでも忘年会という催し物を楽しむための、常識の範囲内での景品であることが条件であるといえます。

景品

また、その景品を貰えるチャンスを参加者全員が持っていることも条件の一つです。
よって、平等に当たる可能性のあるゲームを企画することが重要です。

ビンゴゲームやクイズなどは、定番ですが誰もが知っているゲームであるため
説明の手間も省けますし、親しみもあるので参加しやすいです。

ゲームの内容は凝りすぎると、反対にあまり参加に積極的ではない人にとって
ストレスになってしまう可能性もありますので、配慮しておいた方が良いでしょう。

 

準備は交際費?賞品を獲ったら所得税?忘年会関連の税金

得意先との食事で、1人当たりの料金が5000円を超えた場合には交際費として扱われます。
ここで気になるのが、忘年会の費用が1人当たり5000円以上ならば、交際費に分類されるのかという点です。

国税庁の基準と照らし合わせると、従業員同士の忘年会では条件には当てはまりません。
だからといって料金が極端に高いという場合には、注意が必要です。

もしも1人当たり5万円もの食費を負担するようであれば、ボーナスと判断されて社員は税金を納める必要が出てくるかもしれません。
さらに注意が必要になるのが、忘年会などで行われることが多いビンゴなどのゲーム大会です。

何らかの催し物につきものなのが、賞品になります。
そして賞品でも、税金が関わってくることもあるので注意するようにしましょう。

例えば商品券などを賞品にした場合、金額次第ではボーナスと判断されて所得税が発生する可能性があります。
ボーナスと判断されない賞品にするなら、商品券などではなく何らかの品物などの現物支給にしましょう。

実際にどのようなものを選ぶかは、社員の年齢層などを考慮して決めるのも1つの手です。
事前アンケートなどを実施することで、社員に喜ばれる可能性が高いもの選びやすくなります。